UWSCで多次元配列を使う-DIM-

えーと、たっくんがここで。。みくがこっち

何をしておるんじゃ、しいちゃん?

あっこれ?2学期が始まったら席替えがあるんだけど、今の座席表を見直していたの

席替えか〜小学校ではいち大イベントじゃな!!

そうそう、しかも私の学校は学級委員が席替えを取りまとめないといけないのよ〜

そうなんじゃな。っということは、しいちゃんは学級委員さんということかの?

そうよ、すごいでしょ(`・ω・)b

しいちゃんはえらいの〜
席替えのルールも学級委員さんが決めるのかい?

そうなの、みんなに公平なルールを作らないといけないのよ。くじ引きかな〜

だったらプログラミングで作ってみてはどうかの?(*´﹀`*)

プログラミングで!?いいわね(・∀・)イイネ!!

まずは今の座席表をUWSCでつくてみよう

//座席表.uws
 
DIM 一列目[] = "C","Yuma","Takuya","Kento","Yuko","Masashi"
DIM 二列目[] = "Taku","Miyu","Hikari","Shin","Mai","Sinya"
DIM 三列目[] = "Hide","Amuro","Kai","Hayato","Furau","Mirai"
DIM 四列目[] = "Tomo","jiro","Kumi","Masaki","Naoki","Emi"
DIM 五列目[] = "Yui","Naomi","Jan","Ryoma","Taiki","Miku"

DIM 座席表[] = slice(一列目, 0, length(一列目)-1),_
		slice(二列目, 0, length(二列目)-1),_
		slice(三列目, 0, length(三列目)-1),_
		slice(四列目, 0, length(四列目)-1),_
		slice(五列目, 0, length(五列目)-1)

print 座席表[0][0]

私の名前が出てきたわね
一列目から五列目は配列だけど、、座席表はちょっと違うわね?

座席表は二次元配列というものじゃ!!

二次元配列(?。?)

配列の説明で作った箱は横にだけ増えて行く箱じゃったが、今回は縦にも増やせる箱を作ったんじゃよ!!

ふむふむ、

slice と length に関しては前回教えておるが、今回は深く考えなくてもよい
これは一列目から五列目の配列をさらに座席表という配列に入れているのじゃ

配列を配列に入れている?

縦横を入れかえて見んといけんのじゃが、図で書くとこんな感じじゃな

なるほど、そういうことねΣd(゚∀゚d)

これでクラスの座席表みたいな縦と横を管理できる配列を作ることができるのじゃ!!
printの座席表の数字を変えてみるとその席に座っている人の名前がでてくるんじゃよ

UWSCで多次元配列を使う ☆DIM☆

わぁすごいオオォォォ(゚ロ゚*)(゚ロ゚*)

ちなみに今回は二次元配列じゃったが、この二次元配列を配列に入れることによって三次元配列を作ることもできるが、それはまた今度教えてあげるわい

お願いするわ!!二次元配列を使ってプログラミングで座席表を管理できるようになったから十分よ!!

席替えに関してはまた近々やるかの~

☆o(・ω・´o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です