UWSCでループ_同じ動作を複数回繰り返すには?-FOR NEXT-

マックロ教授!!!同じ動作を10回ぐらいしたいの!けど、10回記録するのいやなの。しんどいの。

しいちゃん。。。プログラマーに近づたのぉ。プログラマーは面倒なことがきらいになるのじゃ

同じ動作を繰り返すことをループと呼ぶのじゃ

早速だが、動作を一回記録して、同じ動作を10回繰り返すループを作ればいいのじゃ

そんなこともできるのね。繰り返し(ループ)ってどうやってやるのかしら?

しいちゃん「For」と「Next」というものを使うと、繰り返し(ループ)ができるようになるのじゃ。

「フォー」と「ネクスト」って読むのよね。わかるわよ。

①For-Nextの使い方を紹介するのじゃ。

(使い方)
For i = 1 to 10  // for <変数> = <始まりの数> to <終わりの数>
  <繰り返し操作したい内容>
next

呪文みたいだわ。printの勉強をしたときのファイルにFor とNextを追加してみたわよ。

For i = 1 to 10
 x=110
 Y=X*1.08
 print Y
next

FOR-NEXTの使い方あっておる。ループをマスターしたね。

じゃあ、作成したファイルでUWSC実行してみる!うぁ!10回動いた!

回数を変えたければ、10のところを好きな回数にするとよいのじゃ!

UWSCでループ_同じ動作を複数回繰り返すには?-FOR NEXT-」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: UWSCで変数と繰り返しの組み合わせ | 小学生でもわかるプログラミング入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です