UWSCで時間や日付を使う方法

教授!!UWSCでプログラムを使った日付や時刻を簡単に分かるようにしたいんだけどどうやったら時刻がわかるようにできるかな?

しいちゃん。時間を取得する方法があるのじゃ。GETTIMEの使い方を教えるのじゃ。

ゲットタイム!グッドタイム!

GETTIME文字列結合を使って日付などを取得することができるのじゃ。「日時.uws」を一度試してごらん

//日時.uws
GETTIME()
date = "" + G_TIME_YY4 + "/" + G_TIME_MM2 + "/" + G_TIME_DD2
time = "" + G_TIME_HH2 + ":" + G_TIME_NN2
print date
print time
print date  + time

UWSCで日時を表現する方法

じゃあこれをUWSCの上にドラッグ&ドロップしてみたわ。時間と日付が出てて来たわ。

GETTIME関数を見ながら、 G_TIME_YY4 とかの変数を変えると色々と表現できるからためしてみるのじゃ。

何秒とかもほしいから、G_TIME_SS // 秒を使えばいいのね。色んなパターンを作っておいたら便利ね。

しいちゃん。わしが持っているパターンをあげるのじゃ。自分でカスタマイズして保管しておくと便利じゃぞ。

//日時.uws
GETTIME()

///パターン①
date = "" + G_TIME_YY4 + "/" + G_TIME_MM2 + "/" + G_TIME_DD2    // 2018/03/03
time = "" + G_TIME_HH2 + ":" + G_TIME_NN2                       // 14:26
time2 = "" + G_TIME_HH2 + ":" + G_TIME_NN2 + ":" + G_TIME_SS2    // 14:26:09
print date
print time
print time2
print date  + time

///パターン②
date = "" + G_TIME_YY4 + "年" + G_TIME_MM2 + "月" + G_TIME_DD2+"日"    // 2018年03月03日
time = "" + G_TIME_HH2 + "時" + G_TIME_NN2 + "分"                       // 14時26分
time2 = "" + G_TIME_HH2 + "時" + G_TIME_NN2 + "分"+ G_TIME_SS2 + "秒"   // 14時26分09秒
print date
print time
print time2
print date  + time

///パターン③
date = "" + G_TIME_YY4+G_TIME_MM2+ G_TIME_DD2    // 20180303
time = "" + G_TIME_HH2 + G_TIME_NN2                   //1426
time2 = "" + G_TIME_HH2  + G_TIME_NN2 + G_TIME_SS2   // 142609
print date
print time
print time2
print date  + time

日時2.uws

マックロ教授!ありがとう!UWSCで現在時刻を取得できたわ!これで何時時点で○○だったとかわかるから便利になるわ。

前回教えた、お知らせ.uwsとかと組み合わせてみるとプログラムが高度になるから楽しいぞ

今日は、時間の使い方でお腹いっぱいなの。また今度教えてね。教授!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です