UWSCで論理演算子を使う >,<,=,>=,<=,<>

うーん、、わからないわ(;゚-゚)

どうしたのじゃ?しいちゃん?

このあいた教えてもらったIF 文で条件分岐をしているんだけど、わからなくなってきちゃった。。

どれどれ??

if-else文を教えてもらった時の 「あいさつ4.uws」でなんで「こんにちは」と「おやすみ」の両方が出るのかがわからなくって。。

//あいさつ4.uws
time=21

if time < 11 then
  print "おはよう"
endif
if time > 11 then
  print "こんにちは"
endif
if time > 20 then
    print "おやすみ"
endif

おお、論理演算子(ろんりえんざんし)じゃったの、今度教えると言ったまま忘れておったわ〜

ちょっと、ちゃんと覚えておいてよね( `ε´ )

すまんすまん。。

っで、論理演算子って?

論理演算子は「あいさつ4.uws」の < や > みたいな記号のことじゃ!!

この記号が論理演算子?

この記号の左右をくらべているんじゃよ
UWSCの論理演算子にはこれらがある

>、 <、 =、 >=、 <=、 <>

みたことあるわ!!

じゃな、左から「大なり」「小なり」「等しい」「以上」「以下」「等しくない」となるんじゃ

「大なり」と「以上」の違いってなんだっけ?

数字を比較する時に「以上」じゃと、同じでもいいが「大なり」は同じじゃとダメなんじゃよ

あぁそうそう、学校で習った気がするわ!!

なら話ははやいの~
UWSCではこんな風につかうのじゃ

//論理演算子.uws

print "100は110より大きい?" + (100 > 110)
print "100は90より小さい?" + (100 < 90) print "100は100以上?" + (100 >= 100)
print "100は90以下?" + (100 <= 90)
print "100と90は等しくない?" + (100 <> 90)

へ~、この True とか False ってのは何?

正しいか正しくないかってことじゃの
“100は110より大きい?” というのは正しくないから False
“100と90は等しくない?” というのは正しいから Trueとなるのじゃ

なるほど~、でもいまいち使い方がわからないわ

論理演算子は基本的にはIF文で使うんじゃ!!「あいさつ4.uws」の
if time < 11 then だと time < 11 はFalse、
if time > 11 then だと time > 11 はTrue、
if time > 20 then だと time > 20 はTrue
となるのじゃ!!そしてIF文の then ~ endif(または else や elseif )までは if の後が True の時のみ実行されるんじゃ!!

あっ、そっか!!だから一つ目の “おはよう” は出てこないけど、後の “こんにちは” と “おやすみ” は出てくるのねΣd(゚∀゚d)

そういうことじゃ

論理演算子って名前は難しそうだけど、簡単ね+。゚(`-ω-*)bキラッ

しいちゃんもプログラミングでできることが増えてきたの〜

このままプログラミングをきわめるわよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です