DROPFILE

DROPFILE

関数

// ファイルをウィンドウにドロップする

DROPFILE( ID, ディレクトリ, ファイル名, [ファイル名, ファイル名, …] )

もしくは

DROPFILE( ID, x, y, ディレクトリ, ファイル名, [ファイル名, ファイル名, …] )

引数

ID: ドロップする相手先

x, y: 第2引数と第3引数が数値であれば ドロップ位置 X, Yと判断します (省略型は中央)

ディレクトリ: ファイルのあるディレクトリ

ファイル名: ドロップするファイル名 (配列変数で渡す事も可)

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です