GETSLCTLST

GETSLCTLST

関数

// COMBOBOX, LISTBOX, ITM_LISTVIEW, ITM_TREEVIEW での選択項目を取得する

戻値 =GETSLCTLST( ID, [番号, リストビュー列] )

引数

ID: Windowを識別するID

番号: 左上から数えたエディトコントロールの順番 (1から指定)

リストビュー列: リストビュー時のリストビューの列を指定

戻値

選択されている項目 (複数選択されている場合はタブにて結合される)

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です