JOIN

JOIN

関数

// 配列の中身を区切文字で結合し文字列として返す

戻値 = JOIN( 配列変数, [区切文字列, 空文字処理フラグ, 開始, 終了] )

引数

配列変数: 配列変数名

区切文字列: 結合に使用する区切文字列 (省略時はスペース)

空文字処理フラグ:

FALSE: 空文字も有効 (デフォルト)

TRUE: 空文字は無効として処理しない

開始, 終了: 結合する配列の開始位置、終了位置の添え字を指定

戻値

作成された文字列

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です