POWERSHELL

POWERSHELL

関数

// POWERSHELLの実行

戻値 =POWERSHELL( コマンド, [同期フラグ, 画面表示] )

引数

コマンド: POWERSHELLのコマンド

同期フラグ:

FALSE: 終了を待つ (デフォルト)

TRUE: 待たずに戻る

画面表示:

FALSE: POWERSHELL画面を表示しない (デフォルト)

TRUE: 表示する

2: 最小化状態で起動する

戻値

標準出力を返す (同期フラグがTrue、もしくは画面表示がTrue,2の場合は返しません)

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です