SETHOTKEY

SETHOTKEY

関数

// ホットキーの設定

戻値 =SETHOTKEY( キーコード, [修飾子キー, Procedure名] )

引数

キーコード: 使用するキーコード

修飾子キー: (省略可、複数指定可)

MOD_ALT(Alt), MOD_CONTROL(Ctrl), MOD_SHIFT(Shift), MOD_WIN(Win)

Procedure名: UWSC側の呼び出される Procedure名

省略された場合にはホットキーの解除

戻値

TRUE:成功、 FALSE:失敗

※Procedure内にて変数 HOTKEY_VK にキーコード、HOTKEY_MOD に修飾子キー が格納されている

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です