STATUS

STATUS

関数

// ウィンドウの各種状態を返す

戻値 =STATUS( ID, 取得項目 )

引数

ID: Windowを識別するID

取得項目: 以下の定数

ST_TITLE // タイトルを返す

ST_CLASS // クラス名を返す

ST_X // X座標を返す

ST_Y // Y座標を返す

ST_WIDTH // 幅を返す

ST_HEIGHT // 高さを返す

ST_CLX // クライアント領域のX座標を返す

ST_CLY // クライアント領域のY座標を返す

ST_CLWIDTH // クライアント領域の幅を返す

ST_CLHEIGHT // クライアント領域の高さを返す

ST_PARENT // 親ウィンドウのIDを返す、親が無ければ-1

ST_ICON // アイコン状態であればTrue、でなければFalse

ST_MAXIMIZED // 最大化状態であればTrue、でなければFalse

ST_VISIBLE // 通常の表示状態であればTrue、でなければFalse

ST_ACTIVE // アクティブ状態であればTrue、でなければFalse

ST_BUSY // ビジー状態であればTrue、でなければFalse

ST_ISID // 有効なIDであればTrue、でなければFalse

ST_WIN64 // 64bitアプリであればTrue、でなければFalse

ST_PATH // EXEのパスを返す

ST_PROCESS // プロセスIDを返す

ST_MONITOR // 表示されているモニタ番号を返す

戻値

取得した値

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です