TOKEN

TOKEN

関数

// トークンの切り出し (指定文字で区切ったものを返す)

戻値 =TOKEN( 区切文字, var 文字列, [ 区切方法, ダブルコーテイション ] )

引数

区切文字: 文字列を区切る文字を指定(1文字単位で認識、”#$%” の場合は ‘#’,’$’,’%’ の3つが区切り文字になる)

文字列: 文字列は区切られた後、残りの文字列を返す

区切方法:

FALSE: 区切り文字が連続していた場合でも一つずつ取り出す (デフォルト)

TRUE: 区切り文字が連続していた場合に連続した部分は削除

ダブルコーテイション:

FALSE: “ダブルコーテイション”内も無視して区切る (デフォルト)

TRUE: “ダブルコーテイション”の文字は区切らない

戻値

結果の文字列

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です