XLOPEN

XLOPEN

関数

// Excelの起動(または OOoのCalcの起動)

戻値 =XLOPEN( [ファイル名, 起動フラグ, パラメータ, パラメータ, …] )

引数

ファイル名: 読み込むファイル名、 新規の場合は省略

起動フラグ:

0(デフォルト) // 起動済みのExcelがある場合はそれを、なければ新規にExcelを起動

XL_NEW, True(1) // 既にExcelが存在しても 新規にExcelを起動

XL_BOOK // ExcelにてBOOK単位で制御したい場合(BOOKのオブジェクトを返す)

XL_OOOC // OpenOffice.org / LibreOffice の表計算(Calc)の起動

パラメータ: ファイルオープンに対し追加パラメータがある場合に(”password:=1234″, “ReadOnly:=True” 等)

Excelのパラメータ

UpdateLinks: リンク更新方法(0:外部参照,リモート参照とも未更新、1:外部更新,リモート未更新、2:リモート更新,外部未更新、3:ともに更新)

ReadOnly: 読み取り専用で開く場合に True を指定

Format: テキストファイル時の区切り文字(1:タブ、2:カンマ、3:スペース、4:セミコロン)

Password: パスワード保護されたブックを開くのに必要なパスワード

WriteResPassword: 書き込み保護されたブックに書き込むのに必要なパスワード

IgnoreReadOnly: 「読み取り専用を推奨する」のダイアログを抑止したい場合に True を指定

戻値

ExcelのCOMオブジェクト (XL_OOOC指定時は OOoのCalc のオブジェクト)

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です