EXEC

EXEC

関数

// アプリの起動

戻値 =EXEC( exe名, [同期フラグ, X, Y, 幅, 高さ] )

引数

exe名: 起動したいアプリ名

同期フラグ:

FALSE: 待たない (デフォルト)

TRUE: そのアプリが終了するまで待つ

X: Window位置X

Y: Window位置Y

幅: Window幅

高さ: Window高さ

戻値

そのWindowを識別するID を返す

終了待ちが指定された場合は、そのアプリの終了コードを返す

※ 注:Explorer等の別プロセスを呼ぶものは、期待どおりに戻値を返さない事がある

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です