SAVEIMG

SAVEIMG

関数

// 画像の保存

SAVEIMG( [画像名, ID, x, y, 幅, 高さ, クライアント指定, JPEG指定, 画面取得指定] )

引数

画像名: 保存ファイル名(BMP/JPEG形式) (画像名を省略した場合はクリップボードへ)

ID: Windowを識別するID (0 であればスクリーン全体)

X, Y: 位置

幅, 高さ: 大きさ

クライアント指定:

FALSE: 指定ウィンドウ全体 (デフォルト)

TRUE: クライアント領域

JPEG指定: 1(高圧縮)~100(低圧縮) までの圧縮率を指定すると JPEGにて保存、 0(デフォルト)は BMPにて保存

画面取得指定:

0 (デフォルト): 指定アプリがフォアグランドかバックグランドかにより画面の取得方法を変更

IMG_FORE : フォアグランドとして可視画面(デスクトップ)より画面を取得

IMG_BACK : バックグランドとしてアプリより画面を取得

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です